この記事の目次



「この記事の目次」のリンクは、このページの下の位置にジャンプ(移動)するリンクです。右にある「目次・見出し一覧」リンクで、この目次部分に戻ってきます。


  

20代・30代の一人暮らしの女性を狙う犯罪者のタイプ



20代・30代の一人暮らしの女性の防犯を考えるのなら、20代・30代の一人暮らしの女性を狙う犯罪者について、タイプ・やり口を分析するのが効果的です。



まずは、その「犯罪者のタイプ」から見ていきます。タイプは1人で1つとは限らず、複数のタイプを併せ持つ場合もあります。


  • 帰り道に襲うタイプ
  • ゴミを漁る変質者
  • 郵便物ドロボー
  • 下着ドロボー
  • 郵便ポストに変なものを入れる変質者
  • 空き巣
  • ストーカー
  • 婦女暴行目的の侵入者



帰り道に襲うタイプ


人気のない夜道などで襲うタイプです。


  • ハンドバッグなどをひったくる
  • 車の中に連れ込んで、連れ去る
  • 家までついてきて女性が自宅のドアをあけたときに襲ってくる



といったタイプがいます。




ゴミをあさる変質者


ストーカーの手口の一つにゴミをあさる、というものがあります。




郵便物泥棒・下着泥棒


盗みやすい所から、物を盗んでいくタイプです。




郵便ポストに変なものを入れる変質者


郵便ポストにアダルトグッズや変質者の体液などを入れる馬鹿がいます。




空き巣など金品目的の侵入者


女性ということに関係なく、一人暮らしで留守にすることが多いので、狙われる、という形です。




ストーカー


後をつけたり、メールを送り続けたり、電話をしつこくかけてきたりするタイプです。




婦女暴行目的の侵入者


女性に暴行を加えたいタイプの犯罪者です。




以下、これらのタイプに対する防犯対策です。



  

20代・30代の一人暮らしの女性の10の防犯対策~物を盗んでいくタイプ~



20代・30代の一人暮らしの女性の防犯対策として、「物を盗んでいくタイプ」の防犯対策について紹介します。


  • ゴミを漁る変質者
  • 郵便物ドロボー・郵便ポストに変なものを入れる変質者
  • 下着ドロボー
  • 金品目的の空き巣



ゴミをあさる変質者


女性住人が出したゴミを漁る変質者に対する防犯対策です。かなり面倒くさいかもしれませんが、


  • 紙のゴミはシュレッダーにかけて出す
  • 実家に持っていって実家の方で出してもらう
  • 直接、処分場に持っていく



・・とする方法があります。



特に個人情報が書かれた紙は、シュレッダーでしっかり裁断して、裁断したものも数回に分けて、ゴミ袋に入れる・・・などとすると効果的です。




郵便物ドロボー・郵便ポストに変なものを入れる変質者


郵便物や郵便ポスト関連については、


  • 鍵つきの郵便ボックスにする
  • 郵便局で留め置きにしてもらう



という方法があります。



留め置きとは郵便配達物を自宅まで届けずに郵便局に留め置いてもらう手続きです。



面倒臭いですが、自分が郵便局まで取りにいく必要はあります。自分が調べた時は、手続きは無料とありました。



また、郵便ポストに変なものが入っていた場合は、面倒くさがらず、警察に届けましょう。



警察に届けないと、変質者は「あの家の女は、もっと好きなことができそうだ・・・」とつけあがらせることになります。




下着ドロボー


下着は(日光にあてて)外で乾かしたい、という人には作業が増えるのですが、


  • 外から見える所に洗濯物は干さない
  • そもそも下着を外に干さない
  • 100円ショップなどで男性用の下着を買って、一緒に干しておく



という方法があります。



ただ、男性用の下着などは、見抜くものは簡単に見抜くそうなので、完全な対策、というのは中々、難しいです。



下着を外に干さないのが一番良いのですが・・・。




金品目的の空き巣


空き巣に関しては、侵入させないこと、が防犯対策になるのですが、侵入経路を一つ一つ防犯していく必要があります。



かなり長くなりますので、基本的な防犯に関しては



窓の防犯の記事
→ 窓からの侵入手口2つとその防犯対策4つ


ドアの防犯の記事
→ ドアの侵入の手口4つと防犯対策5つ


をご覧ください。





  

20代・30代の一人暮らしの女性の防犯対策~女性を襲うことが目的で外で襲うタイプ~



女性を襲うタイプには外で襲ってくるタイプと家に侵入してくるタイプがいて、当然、別々の防犯対策が必要になってきますので、まずは「外で襲ってくるタイプ」の防犯対策について書いていきます。


外で襲ってくるタイプの手口4つ


外で襲ってくるタイプついてネットで調べると、以下のようなタイプがありました。


  • 駅から後をつけてくる
  • コンビニから後をつけてくる
  • (女性の)自宅近くで待ち伏せ
  • 人気のない所(夜道など)で襲ってくるタイプ



この他に「知り合いが送る途中で・・」とかもあります。




外で襲ってくるタイプに対する12の防犯対策


ネットで調べたことをざーっと書き並べますと


  • 自宅を出るときや帰宅時に「いってきます」「ただいま」と声に出して挨拶をする
  • タイマー付きの照明やテレビを買って、帰宅時にあわせてONになるようにセットしておく
  • 帰宅途中に逃げ込める所を考えておく(コンビニ、レンタルビデオ店、警察、消防署)
  • 家を通り越して逃げ込める所を考えておく(同上)
  • 夜道は極力避ける
  • 多少、遠回りになっても明るい道や人通りの多い道を歩く
  • 時々、後をつけてくる人物がいないかチェックする
  • コンビニで極力、一人暮らしがわかるようなもの(一人分の弁当など)を購入するのを避ける
  • どうしても買う場合は、その後、後をつけてくる人物がいないか?必ずチェックする
  • 防犯ブザーを握りながら帰る、なにかあったらブザーを鳴らす
  • 玄関のドアを開ける前にまわりを確認する
  • 玄関のドアを開けるときは、防犯ブザーのボタンに指を置きながら鍵をあける
  • 引っ越しの挨拶にはいかない
  • 近隣の男性に笑顔で挨拶をしない(自分に好意があると勘違いされて狙われる事件も多い)



というものがありました。



家を通り越して逃げ込める所・・・というのは、後をつけられた時に、自宅を知られる事を防ぎます



個人的に一番効果が高いのは防犯ブザーでしょう。



ネット(発言小町だったでしょうか?)では、これで難を逃れた女性の話がありました。(被害者はその女性の妹)





  

20代・30代の一人暮らしの女性の防犯対策~家に侵入してくるタイプ~



女性を襲うものの中の「家に侵入してくるタイプ」の防犯対策について書いていきます。


家に侵入してくるタイプの7つの手口


  • 不在中にあいている窓、ドアから忍び込む
  • 不在中に窓、ドアの鍵をこわすなりして忍び込む
  • 昼寝、入浴、就寝中にあいている窓、ドアから忍び込む
  • 昼寝、入浴、就寝中に窓、ドアの鍵をこわすなりして忍び込む
  • 訪問者を装い、玄関のドアをあけて強引に侵入する
  • 女性住人が玄関のドアを開けた時を見計らって、隠れたところから出てきて女性を脅したり、力ずくで中に侵入する(既に書いていますが、一応、再掲します)
  • 帰り道の後をつけて玄関のドアを開けたときに無理やりに入ってくるタイプ(こちらも既に書いていますが、一応、再掲します)




家に侵入してくるタイプに対する8つの防犯対策


まず、一人暮らしの女性に限らず、空き巣の侵入で一番多いものは「鍵のかけ忘れ・閉めていない所からの侵入」です。



これをしっかりやることが最大の防犯対策になります。



そのほかいくつか箇条書きで書いていきます。

  • 鍵をしっかりかける(かけ忘れないようにする)
  • 防犯ガラスにする
  • 補助錠を設置する
  • セコム、アルソックといったホームセキュリティを利用する
  • 予定のない訪問者のときは、居留守をつかう
  • 訪問者の応対をするときは、必ずドアチェーン、ドアロックをしてから開ける
  • 入浴中でもテレビと部屋の電気はつけておく
  • テレビ付きドアホンにしておく、テレビ付きドアホンの物件に住む





  

20代・30代の一人暮らしの女性の防犯対策~ストーカー~



ストーカーも話が長くなります。下記記事をご覧ください。


ストーカー対策のブログ
→ ストーカー・つきまといの対策・相談法をまとめたブログ



  

20代・30代の一人暮らしの女性の6つの防犯対策~予防編~



20代・30代の一人暮らしの女性の防犯対策として事前にできることがあります。



それは若い女性の一人暮らしであることをできるだけ悟られないようにすることです。



以下、ネットでいろいろと書かれていたやり方です。



効果が?なものもありますが、やらないよりはやった方が良いでしょう。


  • カーテンをピンクや花柄などにして、女性の部屋であることがわかるようにしない
  • 表札を出さない、表札をかわいくデコレーションするなんてもってのほか
  • 引っ越しの挨拶をしない(若い女性であることが隣人にバレる)
  • 一人暮らしといわない
  • 近隣の男性に笑顔で挨拶をしない
  • SNS(ツイッター、フェイスブックなど)に予定を書かない



というものがありました。



「近隣の男性に笑顔で挨拶をしない」というのは、近隣の男性に笑顔で挨拶をして、男が「自分に好意がある」と勘違いされて事件に発展することがある、という文章がありました。



男は、目があっただけで、「??俺に好意があるのか?」と勘違いするものもいる、ということです。



かなりの少数派だとは思いますが、笑顔で挨拶は控えた方が無難でしょう。



無表情で会釈、挨拶されたら無表情で挨拶、ぐらいで良いでしょう。



また、ツイッターやフェイスブックに予定を書くと不在であることなどがばれてしまいます。



ツイッターやフェイスブックを見ている知人があなたを襲わない・・と決まっているわけではありません。



むやみに書かない方がいいでしょう。



あとは防犯ブザーを浴室、寝るところのそば・・・など、各部屋に置いておくというのも一つの防犯対策です。



1個だけですと、自分と防犯ブザーの間に侵入者が立っている・・・なんて状況を生み出しかねません。



  

20代・30代女性に限らずにあった一人暮らしの(犯罪っぽい)怖い13の話



大手掲示板(のまとめ)などでメモ書きしておいたものを、そのまま、箇条書きにしました。そういうこともあるな~と思う事柄がたくさんあったので、紹介します。


  • 深夜にドアノブをガチャガチャされる
  • 前の住人の元交際相手がドアをたたく
  • 空き巣、泥棒に入られた
  • 前住んでいた人に部屋に入られた
  • 突然のチャイム→窓ガラスから室内をのぞきこむ人影
  • 無言電話
  • 帰宅時、ドアを開けようとしたら、背後から見知らぬ気持ち悪い男性にナンパされた
  • しつこい新聞勧誘のオッサン
  • 宗教の勧誘
  • ストーカー
  • 夜、架空請求の電話
  • 午前4時に郵便受けを漁られ、何かを持っていかれた
  • カーテンを開けたら下着泥棒と遭遇



  

女性限定のホームセキュリティ 「月3000円~5000円+消費税」が究極の防犯対策?



ホームセキュリティって高いイメージがありますが、女性限定の「月3000円+税」「月5000円+税」のプランもあります。それが



セコム ホームセキュリティ








HOME ALSOK レディースサポート




です。


セコム ホームセキュリティ


月3000円とアルソックより安いのですが、公式サイトでは


サービス内容がさっぱり書かれていません。(自分の調査不足かもしれませんが・・。^^;)


おそらく、「資料を請求してください。」という姿勢なのでしょう。



自分は「まずは、資料を請求してください!!」という姿勢を否定する気はありませんが、このサイトでの紹介はここまでになってしまいます。ご了承ください。m(_ _)m



以下のリンク先で資料請求できます。


セコム無料資料請求(兼無料見積もり)のページ





一応、上で紹介した女性用の画面から資料請求したい!!という方のために、その画面までの行き方を案内します。



まず上の資料請求ページへのリンクをクリックしますと以下の画面が出てきます。





左上の赤四角部をクリックした先のページの一番下にいきます。






赤四角部の「一人暮らしの女性向けサービス」をクリックすると、上記の一人暮らしの女性用の画面に出てきます。



そちらの資料請求ボタンから資料請求されると良いかと思います。



ただ、自分が資料請求画面を見てみた限りでは、どちらからいっても同じ所にたどりついたのですが・・。^^;)



セコムの一人暮らしの女性向けのプランについては以上です。




アルソック


アルソックの方は、非常呼び出しボタンの貸し出しとコンシェルジュによる相談なんかをやってくれますし、月9200+税だと通常のホームセキュリティプランに近いものもやってくれます。



(すいません、「近いもの」と書きましたが、アルソックも公式サイトにそれほど詳しい説明はありませんでした。。。)



一見、セコムよりお高いように思えますが、これもサービスプラン内容次第です。



自分自身が安心できる方を費用を考慮しながら選ぶのが良いでしょう。



詳しいことは、こちらの無料資料請求・無料相談・無料見積もりをご利用ください・・・と書きたいのですが、女性限定ホームセキュリティ(HOME ALSOK レディースサポート)の資料請求はちょっと面倒なので、やり方を画像で説明します。



この説明の下の方に無料資料請求ページへのリンクを用意してあるのですが、まずそれをクリックし、以下のような画像のページにいきます。





そこで、まず赤四角の「無料パンフレットのお申し込み」をクリックします。すると以下の画面が出ますので





赤矢印の「商品・サービスの変更」をクリックします。するとさらに以下の画面が出ますので





赤矢印の「ストーカー対策(※女性限定)HOME ALSOK レディースサポート」の四角にチェックを入れて、下の「入力画面に戻る」ボタンをクリックしてください。



あとは、名前、住所などの所定の項目を入力すればよいだけです。


アルソック無料資料請求(兼無料相談、無料見積もり)のページ




ホームセキュリティの最大のメリット


サイト管理人が思うホームセキュリティの契約の最大のメリットは、警察への通報を代わりにやってくれることです。



警察への通報って、意外と時間がかかります。



自分は110番通報したことがあるのですが、そのときまず「事故ですか?事件ですか?」と聞かれました。



まず状況を説明し、自宅の住所を言う必要があるのですが、突然、家に暴漢が侵入してきた場合、そこまでできるでしょうか??



警備員は平均15分~20分かかる、と言われていたりしますが、警察に連絡してくれるのなら、もっと早く来てくれる可能性はあります。



個人的には、そこがホームセキュリティの最大のメリットだと思っています。



以上、20代・30代女性一人暮らしの防犯の事例と対策の話、でした。



inserted by FC2 system